読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ThinkPad X1 Tabletの16GBやWiGigが選べるようになりました

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

「なかなか発送されない」「以前は選べた項目がいきなり選べなくなった」「注文から到着まで3ヶ月近くかかった」などなどトラブル続きだったThinkPad X1 Tabletですが、夏を前にようやく安定供給の状態になってきたようです。

メモリー16GB、WiGigが普通に選べるようになりました。

 

ハイエンドパッケージを選ぶ

ThinkPad X1 Tabletのカスタマイズ項目の一番右、ハイエンドパッケージを選択。

X1 Tabletカスタマイズ

メモリーは16GBを選択。

X1 Tabletカスタマイズ

プロダクティビティモジュールや、指紋認証を選択すると、264,060円になります。クーポン適用率を30%と仮定すると、184,842円になりますね。この場合SSDは192GBのままなので、高容量のものを選ぶと、それだけ高価になります。

 

WiGigはワイヤレスの項目を選ぶ

さらにWiGigを搭載したい場合、ワイヤレスの項目で「IT WiGig18260AC+BT 2x2 vPro MB」を選びます。

X1 Tabletカスタマイズ

すると自動でWiGigドックも選択されます。「ドックは後で買うのでとりあえずWiGigを搭載しておく」という選択はできません。

X1 Tabletカスタマイズ

さきほどの構成から価格は331,020円、30%割引適用とすると、231,714円となります。

 

16GBはCore m7モデルでないと選べない

これはThinkPad X1 Yogaなども同様なのですが、16GBのメモリーは、CPUも高速・高価なm7でないと選択できなくなっています。これはオンボードで、一体的に作られているためでしょうね。もうちょっと選択の幅が広いとありがたいのですが、その場合はメモリーを交換できるモデルThinkPad T460sなど)を選ぶことになります。

とはいえこれでやっと、高スペックなX1 Tabletも普通に買えるようになりました。

もちろん、割引クーポンの適用で値段は驚くほど安価になりますが、モデル、パーツの選択肢によって値段はだいぶ違ってきますので、カスタマイズの際は1つずつの項目をしっかりとご確認ください。

 

→ThinkPad X1 Tabletのカスタマイズ項目を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる