ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

ThinkPad X1 Carbon(2018年型、第6世代)、外見や重量のチェック

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

ThinkPad X1 Carbonが届きました。最初の予定より2日早い到着となりました。

→ThinkPad X1 Carbon(2018年型、第6世代)の詳細はこちら

 

輸送用の傷つくことが前提の外箱の中に、内箱。その中にさらに化粧箱の包装で、一昨年のThinkPad X1 Yoga(2016)と同じですね。内箱のデザインも同じ感じです。

f:id:wow360:20180313141641j:plain

f:id:wow360:20180313141720j:plain

f:id:wow360:20180313141746j:plain

内箱を開けると、少しそこがせり上がる独特の仕組みも同じ。よく出来てますね、この箱。

f:id:wow360:20180313141811j:plain

じゃーん、出てきました、最新のX1 Carbon!

f:id:wow360:20180313141830j:plain

その下には2つの小箱があり、説明書と、ACアダプターが入ってました。有線LANのアダプターなども購入してるなら、ここに一緒に入ってるはずです。 

f:id:wow360:20180313141852j:plain

 

タッチパネル搭載FHDで重量は?

X1 Carbonを取り出して最初に感じるのは、なによりもその軽さ。今回はFHDのタッチパネルをカスタマイズで選択しており、それの重量増が気になるところです。

早速、一昨年のX1 Yogaと、重量を比較してみました。

まず、X1 Carbon。重量は1142グラムです。

f:id:wow360:20180313142251j:plain

続いてX1 Yoga。重量は1356グラムです。

f:id:wow360:20180313142311j:plain

軽い! タッチパネルを搭載しても重量変化は一般に公開されているものと差はないと言っても良いのではないでしょうか。たかが200グラム、されど200グラム。その差は手に持つだけではっきりと分かります。 

 

ACアダプターの重量

続いてACアダプターの重量を比較してみます。まず今回選択したUSB Type-C 45Wアダプタは、235グラム。

f:id:wow360:20180313142826j:plain

X1 Yogaの65W トラベルACアダプターは、196グラム。

f:id:wow360:20180313142906j:plain

さすが旅行用に設計されたトラベルアダプターは出力も高いのに軽く出来ています。Type-Cでもトラベルアダプターを出してほしい気もしますが、Type-Cはこれまでの角型プラグと違い、汎用の規格です。市販品もたくさんあるので、今後、いろいろ試してみようと思います。 

また、Type-Cアダプターはアダプターからコンセントまでのコードは自分で変更可能です。ここを軽いものにすれば、もっと重量は減らせると思います。

 

X1 Yogaとの外見比較

簡単に外見を比べてみます。やはり面積、フットプリントが小さくなったのはいいですね。画面サイズが14インチと同じなのに額縁が狭くなったので、カバンに入りやすくなります。

f:id:wow360:20180313143231j:plain

ThinkPadのロゴが従来の白というか銀色から、黒へ。また、Lenovoの表記がX1というちょっと派手なものに変わりました。

f:id:wow360:20180313143253j:plain

ちなみに、裏の型番表記には、しっかりと第6世代の明記がされています。

f:id:wow360:20180313143350j:plain

キーボードもX1 Yogaより若干深めかな。タイピングの触感は大変良好です。

f:id:wow360:20180313143609j:plain

この後はリカバリーメディアの作成、SSDの換装、セットアップと続いていきます。

 

→最新2018年型、第6世代のThinkPad X1 Carbonの詳細を見てみる


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる