ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

ThinkPad登場25周年記念モデル、ThinkPad25、販売開始

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

ThinkPadの登場、販売開始から25年経ったことを記念して、このたび、ThinkPad25という記念モデルの販売が開始されました。

f:id:wow360:20171005221731p:plain

 

 

パンタグラフキーボード復活

 このモデルの登場自体は以前から話に出ていたのですが、その最大の理由は、このキーボード。 なんとなく懐かしい感じがしませんか?

f:id:wow360:20171005221921j:plain

今販売されているThinkPad X1 YogaThinkPad X1 Carbonをはじめ、他社含めほぼすべての現行のノートパソコンのキーボードは、「アイソレーションキーボード」と呼ばれるものになっています。キーとキーの間自体が少し離れてるの特徴的。ですが以前は、「パンタグラフキーボード」と呼ばれるものが主流でした。キーの形状が台形で、キーとキーの間は(下の方で)空いてないものですね。

キータッチの感触がだいぶ違っており、パンタグラフのほうが反動が強めで、「押してる!」という実感をより強く感じられます。

このパンタグラフキーボードの愛好家は本当に多く、いまでも外付けキーボードではよく売れています。

このパンタグラフキーボードがノートPCで復活というだけでも、このThinkPad25は人気が出そうですね。

また現行のものよりキーの列が1列多い7列なのも特徴的で、その分キー単独の機能を一発で呼び出せると言うので、これまた人気があります。

 

スペックも最先端てんこ盛り

 肝心のスペックはどうかというと、これでもかと詰め込まれています。

CPU Core i7-7500Uプロセッサー
メモリー 16GB(最大32GB)
SSD 512GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce 940MX 2GB GDDR5
標準サイズのSDカードスロット
14インチIPS液晶FHD(マルチタッチ対応)

さらに、バッテリーは固定式と交換式の2つ搭載で、電源を落とさずバッテリー交換が可能。USBも最新のType-Cをしっかり搭載しています。

これだけてんこ盛りで、最初の販売価格は193,860円となかなかお買い得な感じ。

これは欲しいと思ったのですが……問題は、重量。約1.69kg。これでは持ち歩くのはちょっと厳しいですね。

オフィスや自宅で半固定的に使うのであれば、なかなかいいPCだと思います。

今の時点で最短出荷開始日は2017/10/20。カスタマイズをしない前提、しかも1000台限定販売なので、なかなか早いですね。

もう今後パンタグラフキーボードのノートPCはそう出ないと思うので、気になる方は要チェックかと思います。

 

昔ながらのキーボード搭載の記念モデル、ThinkPad25の詳細を見てみる

 

(注:実はキーボードについては「以前のものに近いもの」という表現をしているサイトが有るのですが、近い遠いもなにもないだろう、アイソレーションでないなら形状から言ってパンタグラフだろう、という前提で記事を書いています。明らかにパンタグラフでないとなった際は、訂正させていただきます)


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる