読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ワイヤレスディスプレイアダプターでThinkPad X1 Yogaとテレビを無線でつなぐ

ThinkPad X1 Yogaの情報・レビュー ThinkPadと旅に出る 周辺機器

これまで何度か、ホテルのテレビとThinkPad X1 Yoga(2016)をHDMIケーブルでつないで快適に作業する方法を紹介してきました。 


ですがテレビの配置が悪いと、つなぐにつなげないことがあります。たとえばこういう壁掛けの配置。机やベッドから遠く、HDMIケーブルが届かないのです。何メートルもあるケーブルをわざわざ持ち歩くこともしませんしね。

ワイヤレスディスプレイアダプター

「ワイヤレスで繋ぐ方法はないものか?」

探してみたら、まさにベストなものがありました。
マイクロソフトの「ワイヤレスディスプレイアダプター」です。

これは片方をテレビのHDMI端子に、もう片方を電源供給用としてUSB端子に差し込むだけで使えます。

ワイヤレスディスプレイアダプター

→ワイヤレスディスプレイアダプターの詳細を見てみる 

 

今回は、このテレビで試してみます。この配置なら普通に机に置いたX1 Yogaとケーブルで繋げられますけど、ものは試しということで。
ワイヤレスディスプレイアダプター

左上のHDMI端子に……
ワイヤレスディスプレイアダプター

ワイヤレスディスプレイアダプターのHDMI端子を差し込みます。
ワイヤレスディスプレイアダプター

もう片方は、このホテルだとUSBの電源端子が用意されていたのでそこに差し込もうと延ばしてみたのですが、あと少し、長さが足りません。
ワイヤレスディスプレイアダプター

そこで用意していた「USB A メス - microB メスコネクター」で、予備のUSBケーブルを繋ぎ、延長します。USBケーブルはスマートフォンの充電にも使いますから、誰でも一本や二本は常日頃持ち歩いてますし。HDMIケーブルより用意するのが簡単です。
ワイヤレスディスプレイアダプター

テレビのチャンネルを外部入力にすると、自動的にこの画面になります。
ワイヤレスディスプレイアダプター

続いてX1 Yogaの設定です。もちろん他のWindowsパソコンでも全く同じです。画面の右下の「吹き出しマーク」をクリックし通知画面を開いて、その中の「表示」をクリック。

ワイヤレスディスプレイアダプター

「ワイヤレスディスプレイに接続する」をクリック。

ワイヤレスディスプレイアダプター

すると、先ほどテレビにつないだアダプターの名前が出てきますので、クリックし接続します。

ワイヤレスディスプレイアダプター

手前のベッドに置かれているX1 Yogaにはケーブルがなにもつながっていないのに、奥にあるテレビには画面が映し出されていることがおわかりいただけるでしょうか?

ワイヤレスで部屋のどこでも使えるというのは、想像以上に便利です。
ワイヤレスディスプレイアダプター

とはいえ、問題が無いわけではありません。

映像と音声は有線でつなぐ場合と比べて、若干遅延します。ですから、ワードやエクセル、フォトショップのような作業には、向いているとは言えません。

壁掛けテレビにHDMIケーブルでつないでも作業するのは難しいので、動画や音声を流すのに向いてる使い方だと思います。

このワイヤレスディスプレイアダプターは「miracast」という規格で動いていますが、これがすごいのは、wifiルーターを経由せずPCとアダプターを直接接続できること。というのも、ホテルのwifiルーターは他の宿泊客も使っていますから、それを経由する形ですと、速度が遅くなることがあります。ですが直接つなげば、他の客は関係ありません。wifiが無いホテルでも問題なく使えます。

PCだけでなくスマートフォンをつなぐことも出来ますから、スマホに入っている動画を大画面で見る、なんて使い方も出来ます。

アダプターはとても小さく軽いので、バックの片隅に気軽に入れておけます。

 

→ワイヤレスディスプレイアダプターの詳細を見てみる 

 

追記:2017/03/18

先日泊まったホテルのテレビの端子は、HDMIとUSBがそばに配置されていました。


テレビのHDMI・USBコネクター

これなら簡単にワイヤレスディスプレイアダプターを接続できます。とても便利。

ThinkPad X1 Carbon(2017)にWWANが選択可能に!

ThinkPad X1 Carbon(2017)の情報・レビュー X1 Carbonの価格

長らく日本の多くのユーザーが待ち望んできたWWAN(LTE、携帯電波)の接続機能が、ThinkPad X1 Carbon(2017)で選択可能になりました!

f:id:wow360:20170224153042j:plain


f:id:wow360:20170224153054j:plain

WWANを選択すると、自動的に専用のパーツが選択され、アンテナの形式も変わります。

差額は18,360円。ですがこれは割引前の価格ですから、割引クーポンを適用すると、そのぶんお安くなります。

ただし、WWANは、WiGigと同時には選べません。WiGigは無線でつながるドックのことです。

  • WWAN、WiGigともになし
  • WWANあり、WiGigなし
  • WWANなし、WiGigあり

この3パターンのどれかになります。おそらくWWANを選択される方が多いかなと、個人的には思います。

 

→ついに外でもどこでもWWANでネットに繋がるようになったThinkPad X1 Carbon(2017)

ThinkPad X1 Yogaのバッテリー内部ゲージのリセットをしてみる

ThinkPad Tips ThinkPad X1 Yogaの情報・レビュー

ThinkPad X1 Yoga(2016)を購入してそろそろ一年。作業をしていたある日ふとバッテリー残量を見ると、100%の満充電の表示になっていました。上限80%、下限50%に設定したはずなのに。

詳細をLenovo Settingsで見ると、ちゃんと80%に設定してるのに100%になっており、さらに残容量が満充電容量よりも多いというおかしなことになっています。

X1 Yogaバッテリーゲージ

そこでいい機会と思い、バッテリー内部ゲージのリセットを行うことにしました。

この電源状況の画面から下の方にスクロールしていくと、出てきます。

X1 Yogaバッテリーゲージ

「バッテリー内部ゲージのリセットを実行すると、コンピューターがより正確に満充電容量を推定できるようになります」とのこと。まさに今必要としている設定です。

まずリフレッシュ前のバッテリーの状況を確認します。

X1 Yogaバッテリーゲージ

一年使ってますので、設計容量そのままというのはさすがにないようです。

では、「バッテリー内部ゲージのリセット」の「リセットを実行」します。

X1 Yogaバッテリーゲージ

リセットが開始されます。このあとは3つのステップでリセットが実行されます。

  1. 100%まで充電
  2. 0%まで放電
  3. 100%まで充電

X1 Yogaバッテリーゲージ

これは0%まで放電される第2ステップ最終盤のところの表示です。実行記録の「失敗」は、一度途中でリセットを中止したので、それが表示されています。

というのも、第1ステップの最初の100%充電に達した後、30分ほど、なにも変わらなくなってしまったのです。これはおかしいと一度中止し、電源を切って再起動、改めてやり直しました。

再度始めてから終わるまで、約7時間。その間ACアダプターは繋ぎっぱなしになりますので、必ず時間のある時に行ってください。もし放電しきったタイミングでPCを持ち出さないといけないとなると、困りますから。

ポップアップウィンドウが出て教えてくれるような表示もなく、静かに終わります。さて、リセットされたバッテリー残量は、どうなったか?

X1 Yogaバッテリーゲージ

  • 設計容量 52.26Wh
  • リセット前の満充電容量 49.15Wh
  • リセット後の満充電容量 42.77Wh

丸一年リセットしないで使い続けると、これくらいのズレが生じるものなんですね。

これでバッテリーゲージは無事リセットされましたので、また安心して使えます。

 

→メンテナンスも簡単なThinkPad X1 Yogaの詳細を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる