読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

新型USB Type-C接続ドック3種類のファーストインプレッション

周辺機器 ThinkPad X1 Carbon(2017)の情報・レビュー ThinkPad X1 Yoga(2017)の情報・レビュー

今日はこの春に販売開始予定の、USB Type-Cに接続する新型ドックのご紹介です。

Type-Cドック

とはいえ、Thunderbolt 3 ドックと、Type-Cドックは、以前取り上げたこちらの記事の情報と同じです。 

実際に手にとってみた感想としては……ドックなんで、新型のType-C 搭載ThinkPadを使うなら、ぜひほしいと感じさせられる出来でした。

今自分が使っているThinkPad X1 Yoga(2016)にはOneLink+ドックを接続して使っていますが、自宅に戻り1本のコネクターを接続するだけで、外部ディスプレイ・各種USB、電源などをすべてつなげられるというのは、本当に便利です。

新型のThinkPad X1 Yoga(2017)は電源含め5つものUSB機器を同時接続できるます。さらに外部ディスプレイもつなぐとなると、そのたびに6本ものケーブルを抜き差ししないといけない……これは面倒くさすぎです。

 

Lenovo USB-C トラベルハブ

まだ当サイトで未紹介のものが、このトラベルハブになります。名前の通り旅行の時に持ち歩くことを想定して作られたと思われます。

Type-Cトラベルハブ

見てのとおり最小限の構成です。とはいえこれで有線LAN・外部ディスプレイ・USB1つ増設がまかなえるので、あまりUSB機器を繋がない使い方であれば、これを普段から使うのもありだと思います。

これらのドック類はまだ日本では、本日(2017.3.20)現在、未発売です。

無線接続のWiGigドックは絶賛発売中。新型ThinkPadもカスタマイズ構成で選ぶことが出来ます。ただし昨年のOneLink+ドックは、新型のType-C対応のThinkPadでは使えません。この点は購入の際、本当によく注意してください。 

つまり、今販売中のThinkPad X1 Carbon(2017)で使えるのは、カスタマイズ次第でWiGigドックだけ、ということになります。

USB3.0対応のドックは使えますが、これだと市販のあまたあるUSB3.0対応ドックがライバルになってきますし、Type-Cの高速接続の利点が生かせなくなるので、個人的にはType-CやThunderbolt 3 ドックの販売開始を待ったほうがいいと思います)

→ThinkPad周辺機器の詳細を見てみる

ThinkPad X1 Carbon(2017)実機のファーストインプレッション

ThinkPad X1 Carbon(2017)の情報・レビュー X1 Carbonの価格

昨日に引き続き、レノボ・ジャパンさんの新商品発表会で触ってきた今年の新機種のレポートです。

今日はThinkPad X1 Carbon(2017)です。

→ThinkPad X1 Carbon(2017)の詳細を見てみる

 

ともかく軽い! ものすごく軽い!

f:id:wow360:20170319142945j:plain

当サイトでよくやってる持ち方ですけど、本当に軽いので、全然苦じゃないのです。自分の所有しているThinkPad X1 Yoga(2016)は約1.36キロ、X1 Carbon(2017)は約1.12キロ。200グラムも軽いと、缶コーヒー1本分軽いわけです。

また、写真を撮り忘れてしまったのが残念なのですが、実はこの持ち方を液晶のところでやっても、問題ありませんでした。液晶のところを手でむんずとつかんで持ち上げるみたいな感じです。レノボの方にやってみてくださいと言われ恐る恐るやったのだけど、問題なしでした。

ノートPCには極めて負担がかかる持ち方で、最悪、液晶部の故障や割れにつながる持ち方なのですが、それでも問題なかった。これはすごいです。

軽さだけならそれこそ今春は富士通のLIFEBOOK WU2/B1(約761グラム)やNECのLAVIE Direct HZ(約769グラム)があります。富士通は有線LANコネクターが内蔵されているし、NECはこの軽さで2in1モデルなので、ThinkPad X1 Yoga(2017)同様にいろいろなスタイルに変形できるわけです。

でも実物を触ってみると、なんか心もとない。なにかのきっかけで壊れちゃうんじゃないかと感じてしまう。

だけどX1 Carbonはそんなこと無し。ディスプレイ部をつかんで持ち上げても、たわむこともありません。プラス250グラムの重量増で絶対的な安心感を得られるなら、その重さはありだと思うのです。

 

USBコネクターは全部で4つ

f:id:wow360:20170319144901j:plain

左にUSB Type-c(3.1)が2つ(1つは電源共用)、USB3.0が1つ、HDMI、有線LANの接続専用コネクター。

右にUSB3.0が1つ、イヤホンマイクコンボジャック。

USB Type-Cは電源共用なので、実質では3つ。ノートPCとしては必要十分でしょう。

他にmicroSDXC、WWAN(LTE)のSIMスロットもあります。

 

フットプリントは13インチサイズの狭額縁

ディスプレイ部が狭額縁になったため、フットプリント(全体の大きさ)が13インチサイズになりました。画面は14インチのままでPCのサイズが13インチサイズになると、カバンやケースへの収納が楽になります。

f:id:wow360:20170319150211j:plain

写真で見るとちょっとだけ小さくなったような感じに見えますが、実際に見比べると、小さくなったのがはっきりわかるサイズでした。

f:id:wow360:20170318155604j:plain

 

X1 Carbon(2017)はすでに絶賛販売中

来月販売開始予定のX1 Yogaと違い、X1 Carbonはすでに販売が開始になっています。早速35%もの割引になっていますので、割引クーポンを確認し、購入の際は適用するのを忘れないようにしてください。

f:id:wow360:20170319151242p:plain

→ThinkPad X1 Carbon(2017)の詳細をチェックする

ThinkPad X1 Yoga(2017)実機のファーストインプレッション

ThinkPad X1 Yoga(2017)の情報・レビュー

レノボ・ジャパンさんの新商品説明会で、来月4月販売開始予定のThinkPad X1 Yoga(2017)をいち早く触ってきました!

→ThinkPad X1 Yoga(2017)の詳細をチェックしてみる

X1 Yoga(2017)

キーボードはまだ英語版で、日本語の試作機はまだ届いてないとのことです。英語版も届きたてとのこと。

 

キーボードのキー自体が昇降するようになった

まずは、キーボードがガラッと変わったところに目を引かれました。

X1 Yoga(2017)のキーボード

どこが変わったのか? 去年2016年版のThinkPad X1 Yoga(2016) のキーボードは、こんな感じ。 

X1 Yoga(2016)のキーボード

いままでは『Lift'n' Lock』(リフトンロック)というシステムで、全体を外側に折り曲げて使う場合、キーの外側のフレームが昇降することで干渉を防ぎ、衝撃などから守るスタイルが取られていました。

リフトンロック

でもそれはキーが外側を向く場合だけ。普通にPC自体を片付ける、収納するときは、とくに何もありません。

そうするとどうなるか? X1 Yogaのディスプレイはタッチパネルなので、全体がフラットな構造になっており、たたまれた時にキートップと接することになります。その結果、開いた時にディスプレイにキーの跡がついていて、拭かないと汚れが目立つ……なんてことがあったのです。

布を毎回挟んで干渉を防ぐというのが一般的な対策ですけど、正直、面倒くさいですよね。

ところが2017年版のX1 Yogaは、キー自体が昇降します。外側だけでなく、普通に内側に折りたたんだ際にもキーが下がります。そうするとキーボード面がフラットになり、画面に当たりづらくなるわけです。

X1 Yoga(2017)のキーボード

見た目も周辺のフレームが無くなったので、だいぶスマートな印象です。

キータッチは従来より若干軽くなったかな、という感じを受けました。

また、タッチパネル部分のクリックパッドの左右クリックが従来型は「カチカチ」と音がしてたのですが、それが無くなり、とても静かになりました。「新幹線の中で目立つ、響くのでなんとかしてほしい」みたいな問題もこれで解消しますね。

自分がよく使う飛行機の中は、もともととてもうるさいので、あまり気にしてなかったのですが(笑)。

X1Yoga(2017)のかちかち音

 

USBコネクターはトータルで5個の充実ぶり

左右のコネクターの充実ぶりも素晴らしいです。

X1 Yoga(2017)のコネクター

左にUSB Type-c(3.1)が2つ(1つは電源共用)、USB3.0が2つ。

右にUSB3.0が1つ、HDMI、有線LANの接続専用コネクター、イヤホンマイクコンボジャック。

なんとUSBが5つですよ! 1つは電源に使うとはいえ4つ残るし、電源部もいざとなればUSBメモリーなどをつなぐことも出来るわけです。

少ないと1つ2つということも多いノートPCのUSB。それが5つもあるというのは、ノートPCとしては破格の拡張性です。

有線LANの専用コネクターは、2015年以前のX1 Carbonと同じ仕様とのことです。当時から使ってる方がいれば、使い回しが出来ます。

そういえば……右側面にあった音量ボリュームのアップダウンボタンが無くなってしまいました。昨年版のユーザーで使ってた人がほとんどいないので削ったとのことなんですけど、個人的にはよく使ってたんですよ。タブレットモードのときの音量調節はタッチパネルで行うことになるので、ちょっと不便かなぁと感じました。

また、背面部のmicroSDXCスロットとWWANのSIMカードアダプターの箇所は、変更なしです。今年からWWAN対応モデルが選べるようになる予定です。

 

付属ペンのタッチの変化

これは写真や文章で説明するのはとても難しいのですが、ペンのタッチ感触がだいぶ変わりました。昨年2016年版はサラサラというかツルツルと言う感じで滑るのですが、2017年版ははっきりとわかる抵抗を感じます。紙というよりは、ゴムの上に細マジックで書くような感触ですかね。

X1 Yoga(2017)のペン

レノボの担当の方の話だと、不思議と男性は2016年版、女性は2017年版を好む人が多いとのことでした。

ペン先の材質が変わること以外は変更がないので、どちらも使うことが出来ます。2017年版のペンを2016年版のX1 Yogaにも使えるということですね。

 

残念ながら重量増

狭額縁を採用するThinkPad X1 Carbon(2017)と違って本体のサイズは去年と変わらないのですが、既報の通り、重量が液晶・有機EL(OLED)モデルでそれぞれ約100グラムの増量となります。液晶で1.42キロ、有機ELで1.36キロ。持った感じはそれほど違和感が無かったのですが、カバンに入れて持ち運ぶことが多い人は、じわじわくる違いになるでしょう。

ちなみに外見を比較すると、こんな感じ。

X1 Yoga(2017)、X1 Carbon(2017)

X1 Carbonの100グラム近いさらなる軽量化、狭額縁と比較すると、X1 Yogaはキーボードの印象が変わった以外は、外見的なものはそれほど変化が無いと言って良いかと思いました。

中身の使い勝手(CPUの変更など)は、実際に使ってみないとわかりません。とはいえ、USBの増加やキーボードの仕組みの変更は、使い勝手にじわじわと良い影響を与える、そんなふうに感じました。

4月の販売開始が待ち遠しいですね。

 

→ThinkPad X1 Yoga(2017)の詳細を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる