ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

楽天モバイルの最強プランに申し込もうとしたのだけれど……

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

 

昨日午後に楽天モバイル が行った、4月8日から始まるという新プラン。あまりにお得な内容に話題沸騰となっています。

  • 一ヶ月2,980円、電話し放題、ネットし放題(楽天エリアのみ、それ以外はau回線を使い月2GBまでが高速、それ以上は128kbpsに速度低下)
  • 300万名対象で一年無料
  • 海外でも月2GBまでのデータ通信無料、さらに日本国内への電話も無料
  • 初期契約事務手数料3,300円分のポイント+オンライン契約で3,000ポイントもらえる

→より詳しい内容はこちらから楽天モバイルでチェック!

f:id:wow360:20200304012452p:plain

f:id:wow360:20200304014614p:plain

あまりにお得なので早速申し込もうとしたのですが、問題が一つ。自分、この楽天モバイルのSIMカードを使えるスマートフォンを1台も持っていないのです!

実はこの点が取り上げられ、説明されることがほとんどありません。

楽天モバイルは「自社の回線(band3)」と「自社の回線の電波の圏外のau回線(band18)」の両方を使えるスマートフォンでないと、その能力を最大限に発揮できません。

まだまだ楽天モバイルは発展途上でして、今の時点では東京、名古屋、京都、大阪、神戸の一部(濃い赤のところ)でしか、band3の電波を使った自社サービスを提供できていません。

f:id:wow360:20200304013041p:plain

問題はそれを補完するためにauから借りているband18(薄いピンクのところ)で、これはauの電波帯なので、auから買ったスマートフォンのSIMロックを解除してるなら使えるのですが、ドコモやソフトバンク、もしくは海外SIMフリー機でもband18に対応していないと、薄いピンクのところでは圏外になってしまうのです。

また濃いピンクの大都市圏でも、地下鉄やビルの中では、未だに自動的にband18に切り替えられるそうです。つまり対応してないスマートフォンでは、圏外になってしまうのですね。

当然、楽天モバイルでスマートフォンをセットで買えば、問題なく使えます。ハイエンドのGalaxy S10 やGalaxy Note10+もあります。さらに手のひらサイズのrakuten miniという機種もあります。おサイフケータイも使えます。

f:id:wow360:20200304015707p:plain

自分はこれを買おうと思ったのですが、問題はeSIM専用機で、従来のようにSIMカードを他のスマホに差し替えて使えないこと。rakuten miniそのままで使い、他のスマホや、当サイトで主役のThinkPad X1 CarbonThinkPad X1 yogaといったノートパソコンはテザリングでつなげて使えばいいと思ったのですが、問題は海外で使う場合。

海外でも毎月2GB無料でデータ通信が使える、これは海外渡航の多い自分のような人間にとって、国内で無制限にデータを使えること以上の魅力と感じます。渡航する先々の国で、わざわざ現地のSIMを買うとか、新しいプランを契約するとか、そういう手間の一切から解放されるんですから! しかも日本に電話し放題!

ところがrakuten mini自体の対応bandが、海外で使うには心もとないのです。もちろん日本国内だけなら一切なんの問題もないのですが、海外だと国によってはまったくbandが対応しておらず、使えないこともあるそうなのです。その筆頭はアメリカ。

さらに問題があり、どうも楽天モバイルのSIMは相性問題が厳しいらしく、iPhoneではまともに使えない上に、Androidでも使える機種が限られるのだとか。AndroidはiPhoneとは比べ物にならない機種の数ですから、どれが対応しどれが対応してないか、調べるのは難しいです。
そもそも通話料無料のためにはrakuten linkというアプリを介して電話をかけねばなりませんが、これがAndroid用しか用意されていないのです。iPhoneでは使えないので、通話はすべて有料になってしまうわけですね。
使えるのが確実なのは、楽天モバイル自身が使えるとリストアップしているものということになります。

「自社回線 対応製品一覧」に載ってる機種なら安心して使えます。
しかしこの表、昨年の2019/8/5で更新が止まってて、その後に販売を開始したGalaxy S10やGalaxy Note10+がリストアップされていません。楽天自慢のrakuten miniさえリストに無いのです。さすがに使えるはずですが、微妙に心配になってしまいますね。

  • rakuten miniは魅力的だがeSIMなので、海外でSIMを取り出して他の機種で使えない
  • band18に対応する、確実に楽天モバイルで使えるSIMフリー機種を持っていない

この2点の理由から、今回は見送ることにしました。非常に残念なのですが、わざわざこのために楽天モバイルで新しいスマートフォン(SIMを取り出せる一般的なもの)を買うのもなんだかなぁと思ってしまうのです。

言い換えると、こういう人は今すぐにでも申し込むべきです。

  • 普段の行動範囲が東京・名古屋・大阪・京都・神戸の人
  • ちょうど新しいスマートフォンを買おうと思っていて、それが楽天の販売ラインナップにある。もしくは対応するスマートフォンを持っている。
  • 4/8受付開始のMNPでは無料の300万名に間に合わない可能性があるので、新規の電話番号でかまわない

やっぱり楽天モバイルでスマホも買っちゃうか、それとも今後、使えるという情報のあるau系のSIMフリースマホをなにか買うか。いろいろと悩んでしまいますが、そんな悩んでる間に無料枠の300万名など、あっという間に埋まってしまうことでしょう。1年間無料、さらに6300ポイント、合計4万円くらい無料でもらえるのと同じですから。

→これは自分向きだ!と思った人は、300万名まで無料の枠が埋まる前に楽天モバイルで契約をしちゃいましょう!


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる