ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

電子書籍ユーザーの心をくすぐる「Yoga Book C930」の魅力

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

先日のレノボ・ジャパンの新製品発表会はレノボのオフィスで開かれたのですが、入り口を入ったところに商品を展示するブースがあります。

そこを通りかかった時、ある製品に目を奪われてしまいました。Yoga Book C930です。

→Yoga Book C930の詳細はこちら

f:id:wow360:20190618171411j:plain

写真で見ると普通のキーボードに見えなくもないんですが、これは実は平面の電子ペーパーです。真っ平ら。キーボードの打鍵感はタッチするとブルッと震えることで感じることが出来ます。iPadなどでタッチパネルキーボードも一般的になってますが、それより面積が広く確保されている分、入力しやすく感じました。

以前もYoga Bookという商品はあり、キーボードも同様に平面タッチパネルだったのですが、それはキーボード、もしくはペンを使った入力専用でした。

ところが今回のC930、このキーボードの右上に、いくつか選択ボタンが用意されています。

f:id:wow360:20190618171728j:plain

左からキーボード、イラストなどを描く画面、電子書籍、設定。電子書籍ボタンを押すと、こうなります。

f:id:wow360:20190618171847j:plain

実際にこの目で見ると、なかなかの感動を覚えました。メインの画面ではそのままWindowsが表示されているのに、もう片方は電子書籍! しかもこれ、Kindleなど一般的な電子書籍アプリにも対応しているとのことです。

f:id:wow360:20190618172215j:plain

イラスト描画画面にすると、こんな感じ。

f:id:wow360:20190618172253j:plain

ペンの描画速度(レイテンシー)も、電子ペーパーとしてはなかなか優秀なのでは? と感じさせられました。

設定画面はこちら。

f:id:wow360:20190618172401j:plain

これのなにがすごいかというと、Windowsマシンと電子書籍端末、そしてイラストなどを描けるタッチパネル画面が三位一体となっている点です。とくに電子書籍。そのためだけにKindle端末を持ち歩いている人も多いと思うのですが、それがいらなくなるんですよね。

もちろんレノボのYogaを名乗る商品ですから、360度の折り曲げが可能です。

Lenovo Yoga Book C930 in multiple usage modes.

厚さも約9.9mm、重量は約775グラムで、Windowsマシンとして考えると、超軽量型ということになります。

バッテリー駆動時間も最大約11時間。よく出す例えですが、飛行機でアメリカに行く間ずっと使い続けても平気な稼働時間です。もちろん電子ペーパーというのは同じ画面を表示してるだけなら電力を使わないのが特長ですから、電子書籍端末として使えば、それだけバッテリーももつだろうと考えられます。

ディスプレイサイズは10.8型で、電子ペーパー側もそれだけの広さがある。文庫やマンガを見開きサイズで表示させることが可能なわけです。iPadなどの液晶だと目が疲れるという人でも、これなら見やすいでしょう。

基本的なPCのスペックとしては、インテルCore m3-7Y70もしくはi5-7Y54を選択可能、メモリーは4GB、ストレージも128か256GBですが、microSDXCを挿入できるので、問題ないと思います。
CPUパワーも、これでがんがんに動画編集をするようなことをせず、動画鑑賞をしたりエクセルやワードを使う程度なら、なんの問題もありません。YOGA BOOK C930

USB Type-Cも左右に一つずつあるので、USBハブを用いて外付けHDDなどを接続し、デジカメのデータ管理や移動も簡単に出来ます。Windowsマシンですからね。
SIMカードを挿し込んでそれだけでインターネット接続ができるモデルもあります。

電源ボタンは先日ご紹介したThinkBook 13Sと同様、指紋センサーを兼ねています。 

thinkpad-x1yoga.hatenablog.com

以前のYoga Bookにはあまり惹かれなかったのですが、今回のはとても興味が出ました。ちょっとした小旅行や軽い出張で、キーボードをあまり使う予定がないなら、ThinkPad X1 Carbon+iPadではなく、Yoga Book C930だけでいいのでは? と考えさせられるくらいに。 

もちろんThinkPadのように自宅ではThinkPad USB Type-C ドックThunderbolt3 ドックをつないでメインマシンにするという使い方には全く向いていません。持ち歩き、もしくはペンを使ったイラスト描きや入力用、動画や電子書籍の観賞用で、簡単なワードやエクセル、テキスト入力もできるPCというポジションの機器になるだろうと思います。

→実はなにげにオールマイティーなノートPCかも、Yoga Book C930の詳細を見てみる


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる