ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

iPadが正式にMacのサブディスプレイとして使えるようになるが、ThinkPad(Windows)はどうなる?

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

日本時間で本日6月4日午前2時からはじまった、Appleの発表イベント、WWDC2019。新型MacProや秋から提供開始になるiPhone、iPad、AppleWatchの新しいOSの発表がありました。
そして新バージョンのMacOS「Catalina」で、正式にiPadをMacの外付けのサブディスプレイとして使える機能、名称「Side Car(サイドカー)」が新たに搭載されるとの発表もありました。

www.apple.com

これまでは別にアプリをインストール(Duet Display)したり、USBの外付け機器(Luna Display)を付けたりしないと出来なかったので、正式対応になるというこの発表にMacユーザーは歓喜。ワイヤレスでMacと繋がり、タッチパネルでの作業も出来る。これは便利です。

ですがこれ、あくまでもMac側の新機能なんです。iPad側の機能というわけではないみたい。いろいろ調べてみたのですが、Windowsで使えるという話は見当たりません。当然、自分が使ってるThinkPad X1 CarbonはWindowsのノートパソコンです。

そうなると気になるのが、今まで自分が使ってきたアプリは今後どうなるのか、ということです。

f:id:wow360:20160701154049j:plain

Appleは純正の機能を追加すると、サードパーティーや外部の会社が提供してたアプリや機能を使えなくしてしまうイメージがあります。そうなったら困るなぁと思うのです。

iTunesにWindows版があるように、できればそのへんに組み込んで使えるようになれば素晴らしいのですが、それが難しくても、こういうサードパーティーの機能はそのまま使えるようにしておいてほしいですね。

→当サイトではiPadをサブディスプレイにしてWindows、ThinkPadを使える環境の継続を希望します!


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる