ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga (2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon (2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

デルタ航空のビジネスクラス「デルタ・ワン」で使うThinkPad X1 Carbon

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

今回は久しぶりにデルタ航空に搭乗。しかもビジネスクラス、通称「デルタ・ワン」に乗ることができました。最近はパーティションで個室状態にできる「デルタ・ワン・スイート」に入れ替えられていってるそうですが、今回乗ったのはその改修前の古いタイプになります。

f:id:wow360:20190207141836j:plain

ふかふかの寝具がまず目に入りますが、ThinkPad X1 Carbon使いとして気になるのは、やはり食事や寝るときなどにX1 Carbonを置くスペースがあるかどうか。エコノミーだと毎回折りたたんで片付けてといけないので、それが面倒なんですよね。隣が空いてるエコノミーはその点、快適だったりします。隣のテーブルを開けば置けますので。

さて今回の席は、写真を見ていただければわかるように、座席の隣に広いスペースがあります。バッチリそうです。水はもともと各座席に1つずつ、置かれていました。

世界各国対応のコンセントや、USB充電端子もしっかり備え付けられています。これは便利そう。

f:id:wow360:20190207142206j:plain

足元も広々。

f:id:wow360:20190207142358j:plain

座席はこんな感じの互い違い(スタッガード)構成です。

f:id:wow360:20190207142506j:plain

 

飛行機が安定飛行に入ったら、テーブルを出して、早速X1 Carbonを広げてみました。

f:id:wow360:20190207142708j:plain

予想通り、脇にそのまま置くことも簡単にできます。これは良い!
ただし、他の収納と言えるものは、網のポケット(写真に写ってるものと、足元のほぼ同様のもの2箇所)しかありません。伸縮性がなくあまり物は入らないので、この脇の平たいスペースにあれこれと物を置いてしまいがち。そうなるとX1 Carbonは広げられないので、もう少し収納がほしいなとは感じました。

f:id:wow360:20190207142805j:plain

よく写真を見ると、写り込んでた斜め前のお客さんがThinkPadを使ってました。

f:id:wow360:20190207143034j:plain

備え付けのヘッドフォンはノイズキャンセル機能つきでしたが、あまり性能が良くなかったので、持っていってたSONYのWI-1000Xを使いました。もう全然違いますね。自分でお金を出してしっかりしたものを使うと、快適さが段違いです。 

f:id:wow360:20190207144549j:plain

機内食はまぁまぁでしたが、最初のメインより、到着前の担々麺が予想外においしかったです。

f:id:wow360:20190207144953j:plain

f:id:wow360:20190207145035j:plain

食事のサービス後はすぐに消灯。でもキーボードバックライトがつくので、問題なし。のんびり映画を見ながら作業を継続しました。

f:id:wow360:20190207143514j:plain

X1 Carbonを使っていたのは3時間ほどだったと思いますが、コンセントは使いませんでした。充電しきい値を設定し80%のいたわり充電をしておけば、これくらいの時間ならバッテリーも心配なくもちますからね。 

→コンセントがあってもなくても数時間なら気にせずそのまま使えるバッテリー容量、ThinkPad X1 Carbonの詳細を見てみる


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる