ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

今の時点で買えるThinkPad Yogaシリーズは4つ。だけど……

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

本日2017年7月21日現在で購入できるThinkPad のYogaシリーズ(360度展開ができるもの)は、この4つになります。 

ThinkPad X1 Yoga(2017) 14インチ
ThinkPad Yoga 370 13.3インチ
ThinkPad Yoga 260 12.5インチ
ThinkPad X1 Yoga(2016) 14インチ

X1Yoga(2016)モデルについてはすでにカスタマイズはほぼ終了しており、SSDの容量や種類を256GB-PCIe、512GB-SATA、512GB-PCIeの3種から選べるだけ、在庫限りで終了という状況になっています。

 

どれが一番いいのか?

 X1 Yogaについては単純に書くと今年の2017年モデルは重量が1kg増加、電源周りがUSB Type-C対応、キーボードのキートップの収納の仕方が折り畳みやタブレットモード展開時で変わったくらい……と、個人的には感じています。もちろんCPUがより高速化した、今後主流になるType-Cが使えるようになったというのは大きな利点なのですが、重量が1kg増加というのは、モバイル機器としてはやはり気になる点です。

今年のThinkPad X1 Carbon(2017)が脅威の約1.13kgを達成というのと比べると、最軽量構成でも1.36kg(去年だとOLEDモデルで1.26kg)というのは、気になるところではあります。

かといって、Yoga 370やYoga 260は、画面サイズが13.3型、12.5型と小さいわりに、それぞれ最軽量構成でも1.38kg、1.36kgします。モバイル機器として考えると、画面が小さいならその分軽くなって欲しい……と思ってしまうんですよね。

Yoga 370や260は、メモリー交換が可能なのが利点です。ですがスロット数は1つのみ。であれば、X1 Yogaを選んで最初から16GB積んでしまえばそれで済む話です。

画面サイズが小さいというのは、狭い飛行機の中や、喫茶店などで取り出して使うというような場合には、有利な点です。14インチのX1 Yogaと12.5インチのYoga 260では、だいぶサイズ感が違います。

ですが自宅やオフィス、ホテルなどで使う場合は、画面は大きい方が圧倒的に楽です。

こうやって比較すると、YogaシリーズではないX1 Carbon(2017)の素晴らしさが際立ってきてしまうのです。

f:id:wow360:20170318155604j:plain

画面サイズはX1 Yogaと同じ14インチ、それでいて重量は200g近く軽く、狭額縁で取り回しも良い。キーボードのサイズはYogaと同じフルサイズ。

主な違いは、Yogaのように360度展開できないことと、タッチパネルが選べないこと、ペンが使えないこと。

Yoga的な機能を絶対に必要とするならCarbonは気にならないけど、「どうせならタブレット型にもなったほうが便利だな……」というような方だと、Carbonは大いに気になってしまいます。それくらい魅力的なんですよね。

Yoga型で取り回し重視なら260や370、Yoga型の機能を捨てて軽量や取り回しを取るならCarbon、全体的な総合力を求めるならX1 Yogaというところになりますでしょうか。

それだけどれも魅力的、ということなんですけどね。

 

→多種多様なThinkPad Xシリーズの詳細を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる