読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ThinkPad T470s カスタマイズはここに注目

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

本日2月15日(水)、ThinkPad T470sの直販サイトでの販売が開始されました。

ThinkPad Tシリーズ このリンクから入ると、昨年の2016年モデルと、2017年モデルが並んでいます。新型を選択したい場合は、T470sをクリック。X1 シリーズに比べると、わかりやすいです。昨年のT460sも並行して販売されていますので、新型を購入したい場合は気をつけてください。

ThinkPad T470s

基本の価格は昨年モデルも同様なんですね。早速、割引クーポンも適用できるので、実際に購入する場合は事前に忘れずにクーポンコードを確認しておきましょう。

ThinkPad T470s

ThinkPad X1 Carbon(2017)に比べると、全体的に安価な価格設定です。たしかに重量が200g近く重い(約1.32kg~)というのはあるんですが、有線LANがそのまま使える、フルサイズのSDカードに対応している、メモリー搭載の上限が24GBもある、裏蓋が開けやすいのでSSD交換などのメンテナンスがしやすいという様々な利点があります。

では、カスタマイズしてみましょう。

→ThinkPad T470sをカスタマイズしてみる

 

オンボードメモリー8GBはCPUをi7にしなければ選べない

T470sは最大で24GBのメモリーを搭載できることが魅力の一つなんですが、そのためには交換できないオンボードのメモリーを8GBにする必要があります。ですがこれは、CPUを最上位のi7-7600Uでしか選べない構成になっています。

ThinkPad T470s

ThinkPad T470s

そうとうハードに動画編集をする人でもないなら、オンボードを4GBにし、交換可能なDDR4メモリーで調節するのが、お財布にも優しい選択だと思います。4GB+16GBでも20GBですからね。これは、オンボードメモリーのみのX1 CarbonやX1 Yogaでは出来ません。

ちなみにDDR4メモリーを自分で交換する場合、こういうものになります。

記事執筆の時点で12,938円です。ですが上に載せたカスタマイズの価格を見ると、20GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+16GB (1スロット使用))でもプラス12,960円。ほとんど変わらないことがわかります。後から交換したくなったならならともかく、お金を安く上げるために自分で交換する意味はほとんど無いので、カスタマイズで最初から選んでしまったほうが良いと思います。

CPUでi7が必要な方なら、オンボードを8GBにしておくのも良いでしょう。オンボードメモリーは後で交換ができませんので。

ディスプレイは両方とも、発売初日からFHDとWQHD両対応(タッチパネル選択の場合はFHDのみ)です。

 

充電は従来の電源アダプターに加え、USB Type-Cアダプターでも充電可能に

ざっと見て一番混乱するのは、電源アダプターではないでしょうか?

ThinkPad T470s

T470sには従来型の角型電源コネクターも装備されており、さらに新たに一つ、USB Type-Cが装備されます。どちらで充電するのが正しいのか?

レノボの方に聞いてみたら、なんとどちらでも充電可能とのことです。

では、両方で充電したら? 「ACアダプタ優先」との回答をいただきましたが、同時に繋ぐというのは念のため、止めておいたほうがいいと思います。

では単純に、従来型とType-C型、どちらを選べばいいのか? 個人的にはType-C型が良いと思います。今期のX1 CarbonやX1 Yogaから従来型のコネクターは外されました。今後もその方向だと思います。将来、使い回ししやすいことを考えたら、やはりType-Cでしょう。Cのコネクターが電源で埋まっても、USB3.0が3つありますし。もちろんCコネクターをちゃんとUSBとして使いたいなら、従来型を選ぶのも良いと思います。

とはいえCコネクターを充電用にしたら、角型電源コネクターが余っちゃうのはもったいないとも言えます。難しいところですね。

逆に言えば、これまでのThinkPadを使ってた方は、そのアダプターが使いまわせます。特に65W トラベルACアダプターを持っていた方には、朗報ではないでしょうか?

WWANが最初から選択可能、ただしWiGigとは同時に選べない

海外では以前から一般向けでも対応していたWWAN(携帯電話の電波を用いたインターネット接続)が、ついに日本のカスタマイズでも可能になりました。これを待ち望んでいた方は多いのではないでしょうか? 

とはいえWWANは、WiGigと同時には選べません。

ThinkPad T470s

 

ThinkPad T470s

ワイヤレスの項目でどちらを選ぶかで、WWANか、WiGigかが変わってきます。WWANを選択される方が多いかなと思います。ドックは従来型の上に載せるタイプも使えますし、USBにつなげるドックも使えますので。

 

最強スペックだと、いくらになるか?

ThinkPadは各自の要望に応じて細かいカスタマイズが出来るのが魅力です。では、最強スペックだといくらになるのか、試算してみたいと思います。Windows10は購入後でも好きに変更できるので、proではなくhomeで。officeもつけません。

インテル® Core™ i7-7600U プロセッサー (2.80GHz, 4MB)
14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)
24GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (8GBオンボード+16GB(1スロット使用))
NFCあり
指紋センサーあり, NFCあり
1TB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe (OPAL対応)
スマートカードリーダーあり
USB C 65W ACアダプター
インテル®Dual Band Wireless AC(2x2) 8265、Bluetoothバージョン4.1、vPro対応
WWAN対応

これで379,080円になりました。仮にクーポン割引率が30%だと、265,356円になります。

ちなみに、CPUをi5-7200U、メモリーオンボード4GBのみの最安設定にすると、165,240円、割引率30%で115,668円になります。

ここまで価格の違いが出てくるのは、X1 Carbonなどと比べると、T470sのカスタマイズの幅がとても広いためです。それだけユーザーの希望に応じた細かいカスタマイズが出来るということになります。

以前からThinkPadの新製品はとりあえず選べる項目だけで先行販売し、他のカスタマイズ項目は後から追加するパターンが多かったのですが、今回のT470sは最初からほぼ全ての項目が選べるようで、とても買いやすくなったと思います。

割引率は夜間や週末など、より上がる傾向があります。割引クーポンを確認 し、お得に買えるタイミングを探ってみましょう。

 

→販売開始! ThinkPad T470sの詳細を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる