読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ThinkPad X1 Carbon Gen 5(2017年版)最初の注目点

ThinkPad X1 Carbon(2017)の情報・レビュー
ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

続いて、レノボ・ジャパンのThinkPad X1 Carbon Gen 5の最初の紹介記事から、新型の特徴を見てみたいと思います。

→ThinkPad X1 Carbon Gen 5の詳細を見てみる

ThinkPad X1 Carbon Gen5

ThinkPad X1 Carbon Gen5

重量1.14kg、最大15.5時間駆動、通信機能LTEの文字が目に入ってきます。ThinkPad X1 Yoga Gen 2よりも0.5時間だけ駆動時間が長いです。同じくLTE対応。重量の軽さは昨年からのX1 Carbonの最大の売りと言ってよいでしょう。13.3インチではなく14インチでは世界最軽量レベル。それでThinkPadの剛性が備わってるわけですから、素晴らしい話です。

ThinkPad X1 Carbon Gen5

ThinkPad X1 Carbon Gen5

 

写真からわかるコネクター・プラグの搭載内容は以下の通り。

  • USB3.0×2
  • USB Type-C(Thunderbolt3)×2(うち1つは電源兼用)
  • mini display port×1 イーサネット(ドングル)×1
  • HDMI×1
  • マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1
  • microSDXC&micro SIM(ヒンジ側)

X1 Yoga Gen2と比較すると、明らかに側面が寂しいというか、コネクター・プラグの数が少ないことがわかります。X1 Yogaでは背中(ヒンジ)側にある排熱口が脇に来てしまってるというのもあります。軽量化を突き詰めるためなのでしょうか?

OneLink+ドックが繋がらなくなり、このままだと有線LANを繋げなくなりますので、代わりにX1 Carbon(2014)のようなイーサネットのドングルが追加されるようです。

すでに紹介のとおり、シルバー色が登場です。ブラックもいままでどおり。

まだ詳細なスペックが発表されていないのですが、紹介文で印象的だった内容はこちら。

  • 13インチの本体に14インチのQuad-HD を搭載(狭ベゼル)
  • 1時間で80%の充電が可能、最大15.5時間の駆動が可能
  • Windows Helloによるロック解除が指紋だけでなくカメラの顔認識テクノロジーでも可能になる

先日紹介のリーク記事からすると、SSDやメモリー容量は据え置き、CPUは年度の世代交代という普通の変更ですね。

より詳細なスペックの発表が楽しみです。

アメリカでは2月販売開始の予定とのことです。

いろいろなアングルからの写真や解説は、ぜひ下のレノボ・ジャパンのページでご覧ください。

 

→新型ThinkPad X1 Carbon Gen 5の詳細を見てみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる