ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

人生初のThinkPad、X1 Yoga(2016)を使うこと2年。ThinkPadの使いやすさとバランスの良さに惚れた管理人は2年の時を経て、X1 Carbon(2018)を購入。ThinkPadの使い方を極めていく日々は続いていきます。

すべてを1台でこなせるThinkPad X1 Yogaを使って3か月

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

3月にThinkPad X1 Yogaが届いて、はや3ヶ月がたちます。これまで他社のPCにThinkPad トラックポイント・キーボードを接続して使ってきましたが、ThinkPad自体を使うのは、生まれて初めてのこと。店頭で触ればなんとなくわかるし、評判は確かにいいけれど、実際に長期間自分で使ってみないと、その良さも悪さもわかりません。

さて、3か月経過した今の感想はどうか?

「イイね!」、この一言に尽きるような気がしています。

ANAラウンジのX1 Yoga

なんといってもキーボードが打ちやすい。キーピッチ(キーの間隔)が19mmとフルサイズ。自宅でも、出先でも、つねに同じキーボードを使うので、その時々で入力の感覚が変わり戸惑うことがありません。


X1 Yogaのキータッチ

画面を回転させ180度以上に折り曲げると、キーボードのベゼルが浮き上がり、キーがロックされる「リフトンロック機構」というものがありますが、これもキーの打ち心地に影響を与えていません。リフトンロックのおかげで、タブレットモードやスタンドモードでも安心して使うことが出来ます。キーが擦れることがありませんからね。
リフトンロックキーボード

薄いノートPCでは犠牲になりがちなキータッチも、キーがフラットではなく微妙に湾曲しているため、指にピタッと合います。何時間打ち続けても、違和感はありません。
X1 Yogaキーの湾曲度合い

自分は何台ものパソコンを同時に併用はせず、すべてを1台で済ませています。以前はデスクトップとノートPCという使い分けもしていたのですが、自宅、出先、旅行先、どこでもまったく同じ環境で使いたいと考え、1台にまとめるようになりました。

ですから、1台で出来るだけあらゆる用途に対応できる、そんなノートPCを探し続けてきました。

ノートPCモード、タブレットモード、スタンドモード、テントモード。4つのスタイルに自由自在に変形するこのX1 Yogaは、自分が探し続けてきたベストなノートPCなのだと実感しています。

 

→オールマイティーな1台、ThinkPad X1 Yogaの詳細を見てみる


ThinkPad X1 YogaやX1 Carbonを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる