読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ThinkPad X1 CarbonのWiGig搭載モデル販売開始

ThinkPad X1 Carbon(2016)の情報・レビュー X1 Carbonの納期
ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

ThinkPad X1 Carbonで、やっとWiGig対応モデルが選べるようになりました。ただしWQHD液晶のみで、FHDだと選べません。

f:id:wow360:20160213171014p:plain

→ThinkPad X1 CarbonのWiGigカスタマイズを見てみる

まずWQHDを選ぶ

最初にいくつかあるX1 Carbonのカスタマイズの中で、WQHDを選択します。

f:id:wow360:20160412115054p:plain

わかりやすく「WiGig対応WLANカードを選択するには、WQHDディスプレイを選択してください」との表示があります。選ぶとこうなります。

f:id:wow360:20160412115147p:plain

続いてTri-Bandを選択 

次にワイヤレスの項目に移り、Tri-Bandを選びます。WiGIgドック同梱ということがしっかりと明記されていますから、別に買うと2つになってしまうので、そこはお気をつけ下さい。

f:id:wow360:20160412115231p:plain

選ぶと、これまで表示のなかった「WiGig Selection」と、「WiGig Dock」が自動で表示されます。

f:id:wow360:20160412120656p:plain

人気のようで、納期は5月下旬以降となっています。いま注文すると一ヶ月半近く待たされるのは、ちょっと辛いですね。とはいえしっかりと納期が書いてあると、いちおう安心できると思います。

 

WiGigドックとは? 

あらためて簡単にWiGigドックとはなにか書いておきます。

ノートPCには電源コネクター以外にも、複数のUSBやディスプレイポートが有り、ノートPCを会社や家で快適に使おうとすると、それらにいちいちケーブルを挿し込まないといけません。出かける時も全部抜かないと行けないので、面倒くさい。

有線型のドック(たとえばOneLink+ドック)だと、ケーブル1本だけ抜き差しすればいいので楽ですが、机の上でちょっと動かしたいという時は、その1本が気になったりします。

f:id:wow360:20160412122418j:plain

WiGigなら無線で電源以外がすべてつながりますし、バッテリーがあるので、数時間なら電源を繋がないでも使えます。完全にコードレスな状態で、外付けディスプレイやHDDを使えるわけですね。

 

X1 YogaやFHDのWiGig対応は、いつ?

こうなってくるとThinkPad X1 YogaがいつWiGig対応を開始するかが気になります。また、X1 CarbonのFHDでも対応するのか、どうか?

個人的な予想ではあるんですが、X1 Yogaの対応は、今夏に予定されいる有機ELディスプレイの販売開始と同時のような気がしています。かつ、液晶のWQHDが対応することはあっても、FHDは無いんじゃないかな……という気が、しないでもないです。

X1 CarbonのWiGig対応モデルが販売開始するやいなやこの人気です。無闇に対応機種を広げるより、まずは今できる範囲で対応していく。そんなように思います。

というわけで、自分のようにFHDがいいという方は、WiGigは何年後かにして、今はOneLink+ドックにしてしまうのもありだと思います。

f:id:wow360:20160412121626j:plain

WiGigを使っても本体充電のために電源ケーブルを挿さないといけなくなるのは、変わりませんからね。

どちらにせよ、ドック類は本体と別に買うより、本体と一緒に購入すると安くなります。「WiGigを足すとプラス3万円か、高いな」と感じても、それはクーポン適用前の価格。クーポンによって割引され思いのほか安くなりますので、まずは選択し、カートに入れて、クーポンを適用した価格を見てみてください。

 

→割引クーポンを確認してみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる