ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

作業の前にThinkPadの内蔵バッテリーを無効化する

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

ThinkPad X1シリーズ はどれもバッテリーが本体に内蔵されており、取り外しができないようになっています。

これらのモデルでは、SSDの換装やメモリの増設などを行うため分解する際に、最初に内部バッテリーの無効化をする必要があります。

→ThinkPad X1 Yogaの詳細を見てみる

 

BIOS画面で設定を行う

まずはX1 YogaからACアダプターを外してバッテリーのみで動くようにします。

Windowsを再起動します。シャットダウンから電源ボタンを押す手順を踏むと、簡単にBIOS画面には入れません。再起動で入るほうが確実です。

画面が黒くなったら「F1」キーを連打。BIOSが立ち上がります。

「config」タブを選ぶ。

f:id:wow360:20160325201349j:plain

「Power」を選んでエンターキーを押す。

f:id:wow360:20160323152303j:plain

Power画面の一番下にある 「Disable Built-in Battery」を選び、エンターキーを押す。

f:id:wow360:20160323152454j:plain

ポップアップで新しいウインドウが出てくるので、「Yes」を選び、エンターキーを押す。「No」を選ぶとウインドウが閉じて、前の画面に戻ります。

f:id:wow360:20160323152648j:plain

これで内部バッテリーの無効化が完了し、電源が落ちます。

電源ボタンは無効化されたので、押しても起動しない状態になっています。この状態でいろんな作業を行い、再起動する準備が整ったら、ACアダプタをつなげれば起動します。

続いて裏蓋を開け、SSDを交換します。


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる