ThinkPad X1 Yoga はじめて日記

いままでThinkPadを使ったことのない自分が、X1 Yogaにひとめぼれ! 実際に購入して、X1 Yogaの使いこなし方を考えていきます

ThinkPad T460s販売開始、オンボードメモリー8GB、WiGig対応あり!

ThinkPad X1シリーズ絶賛販売中! いきなり大幅割引あり!

本日2月19日はもともとX1シリーズのThinkPad X1 CarbonThinkPad X1 Tabletの一般販売開始日とされていたんですが、その影に隠れてThinkPad T460sも販売が開始されていました。

当初の予定では2月上旬販売開始とされていたのですが、少し遅れてしまいましたね。

T460sカスタマイズ

 

ThinkPad X1 YogaX1 Tabletと同様に、100台限定のおすすめパッケージ以外は、最初はクーポンの指定が無い状態です。

カスタマイズのポイントは、オンボードメモリーの選択にあり

ざっと見たところこんな感じです。

  • ディスプレイはFHD、WQHDの2種類。タッチパネルディスプレイはFHDのみ
  • SSDは128GB~512GBまで5種類から選べる(128GB、192GBが選べない組み合わせあり)
  • WiGig、WWANは残念ながら今は選べず
  • オンボードメモリーが4GBと8GB、2つある
  • 全モデルWiGig対応

まさかオンボードメモリーを2種類用意してくるとは、まったく予想していませんでした。そのため、カスタマイズの選択肢が広がり、複雑になります。

さらにいきなり、全モデルWigig対応です。X1 YogaやX1 Carbonには「WiGig非対応」の文字が入ってますので、結果としてT460sがもっとも早くWiGigに対応することになります。

T460sは全機種WiGig対応

それぞれの違いは、それぞれで選べる項目で見比べてみてください。

<100台限定!>ThinkPad T460s:おすすめキャンペーンパッケージの場合

CPU:

  • インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
  • インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)

ディスプレイ: 

  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)
  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)マルチタッチパネル(10点)
  • 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)

グラフィックス:

  • インテル HD グラフィックス 520
  • NVIDIA GeForce 930M (2GB) 

メモリー:

  • 8GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+4GB (1スロット使用))
  • 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))
  • 20GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+16GB (1スロット使用)) 

ThinkPad T460s:エントリーパッケージの場合

CPU:

  • インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
  • インテル Core i5-6300U プロセッサー (2.40GHz, 3MB)

ディスプレイ: 

  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)
  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)マルチタッチパネル(10点)
  • 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)

グラフィックス:

  • インテル HD グラフィックス 520
  • NVIDIA GeForce 930M (2GB) 

メモリー:

  • 4GB PC4-17000 DDR4 (オンボード)
  • 8GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+4GB (1スロット使用))
  • 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))
  • 20GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+16GB (1スロット使用)) 

ThinkPad T460s:バリューパッケージの場合

CPU:

  • インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
  • インテル Core i5-6300U プロセッサー (2.40GHz, 3MB)

ディスプレイ: 

  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)
  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)マルチタッチパネル(10点)
  • 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)

グラフィックス:

  • インテル HD グラフィックス 520
  • NVIDIA GeForce 930M (2GB) 

メモリー:

  • 8GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+4GB (1スロット使用))
  • 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))
  • 20GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+16GB (1スロット使用))

ThinkPad T460s:ハイパフォーマンスパッケージの場合

CPU:

  • インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)

ディスプレイ: 

  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)
  • 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)マルチタッチパネル(10点)
  • 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)

グラフィックス:

  • インテル HD グラフィックス 520
  • NVIDIA GeForce 930M (2GB) 

メモリー:

  • 8GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+4GB (1スロット使用))
  • 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))
  • 20GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+16GB (1スロット使用))

ThinkPad T460s:高解像度ディスプレイ搭載プレミアムパッケージの場合

CPU:

  • インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)

ディスプレイ: 

  • 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS)

グラフィックス:

  • NVIDIA GeForce 930M (2GB) 

メモリー:

  • 8GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (オンボード)
  • 12GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (8GBオンボード+4GB(1スロット使用))
  • 16GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (8GBオンボード+8GB(1スロット使用))
  • 24GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (8GBオンボード+16GB(1スロット使用))

 

カメラ、指紋センサー、SSD、無線LANモジュールなど、細かいところもいろいろと選べます。

ポイントは、8GBオンボードは高解像度ディスプレイ搭載プレミアムパッケージにしか用意されておらず、そのため、i7-6600Uとの組み合わせでしか選べないこと。

ただしこの点は、1枚のメモリーを自由に挿し替えられるT460sにおいては、それほど問題ではない気がします。

他のX1シリーズだとメモリーは完全オンボードですし、最近の用途だと8GBでは少ないと感じる人も増えてきています。そのためCPUにはそこまでハイスペックを求めないのに、16GBメモリーのために最強CPUを選ぶしか無いケースもありました。自分もそうです。

ですがT460sの場合、オンボード4GBメモリーに差し替えできる16GBメモリーを載せるだけで20GBになります。普通なら、これで十分ですよね。

8GBオンボード機種だとグラフィックも自動的にNVIDIA GeForce 930M (2GB)になってしまうし、ACアダプターも65Wになってしまう。つまり、消費電力も増えるし、重量も重くなる。高性能なグラフィック機能や、メモリーが24GBないと困る人以外は選ばなくてもいいと思います。

オンボードメモリー8GBモデルについては、こちらの記事をご覧ください。 

→ThinkPad T460sのカスタマイズ項目を見てみる

 

WiGigを使うには「インテル Tri-Band Wireless-AC 18260(2x2) + Bluetooth 4.1 vPro対応」を選ぶ

 カスタマイズの「ワイヤレス」の項目で、以下の3つが選べます。

  • インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2x2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
  • インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2x2) + Bluetooth 4.1 vPro対応
  • インテル Tri-Band Wireless-AC 18260(2x2) + Bluetooth 4.1 vPro対応

WiGigを使いたい場合、必ず3つ目の「インテル Tri-Band Wireless-AC 18260(2x2) + Bluetooth 4.1 vPro対応」を選びましょう。そうすると、これまで無かった「WiGig Selection」という表示が出てきて、対応したことがわかります。

WiGig対応トライバンドユニット

WiGigの選択については、こちらの記事も参考にしてみてください。  

 

 カスタマイズで価格を見てみる

T460sは選択できる項目がとても多く、人によって必要とする要素が千差万別だと思います。そのため今回は、細かい計算はしてみません。

あくまでもざっとした計算ですが、最安モデルでは約163,080円、最高額モデル約345,600円となります。

仮に割引率が30%とすると、最安モデルは約114,156円、最高額モデルは241,920円になります。最安モデルではX1 YogaやX1 Carbonよりはっきりと安くなります。

 

納期は?

納期は本日2月19日現在だと、3月4日頃の表示がされています。

 

カスタマイズはいろいろな組み合わせが選べますので、自分がどれくらいの性能を必要としているのか、どういう用途に用いる予定なのかを、十分に考えて選んでみてください。

また、初期状態だと、100台限定モデル以外は割引がありません。実際に購入される際は、下から割引クーポンコードを取得し、カートに入れた後に適用してみてください。驚きの価格になると思います。

 

→割引クーポンを確認してみる


ThinkPad X1 Yogaを大幅割引で購入できるクーポンを確認してみる